大阪(なんば・天王寺・あべの)の婚活・結婚相談所サファ-safa

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
婚活・結婚相談所 大阪(なんば・天王寺・あべの) 06-6634-2528

COLUMN 大阪(なんば・天王寺・あべの)の結婚相談所 サファ 婚活コラム

婚活で相手に長所を上手に伝えるには?

男性の恋愛の悩み
結婚相談所サファは移転いたしました。新住所は下記となります。
大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-1あべのベルタ6階 株式会社ジーエル内
グーグル・マップで見る

婚活で相手に長所を上手に伝えるには?

婚活をスムーズに進めていくために必要不可欠なのは、なんといってもわかりやすく充実した内容のプロフィール。

これなしには、有効に自分をアピールしていくことや相手に好印象を持ってもらうことが難しくなります。

婚活のプロフィール作りはそれほどに重要ですが、これがなかなか大変。

自分自身のことは自分が一番わかっていそうなものですが、意外とこれがそうでもないのですよね。

ここでは、婚活に大きく役立つプロフィール、自分をアピールして相手に長所を伝えることのできるプロフィールの作り方を考えます。

プロフィールの重要性

まず、婚活のプロフィールとは、なぜそんなに重要なものなのでしょうか。

それは、婚活において、異性と最初に接点を作るための唯一のきっかけがプロフィール、といっても過言ではないからです。

ことに婚活サイトでは、このプロフィールの中身が、婚活の全てを決めるといっていいほどに肝心です。

プロフィールが充実していないと、その人がどんな人なのか一切知ることができません。

まして婚活サイトには多くの会員が登録していますので、見えないところで絶えず比較されています。

プロフィールが空白の異性にわざわざ「何がお好きですか」などと聞いてくるような暇な人はいません。

それだけに、プロフィールを早い段階で充実させることさえできれば、それはものすごいアドバンテージになるのです。

自分のプロフィールが異性の目にとまる可能性がぐんと増え、ご縁につながる確率も一気にアップします。

プロフィール作りで大事なこと

では、その大切なプロフィール、どんなふうに作ればいいのでしょうか。

もっとも大事なことは、ちゃんと「相手に伝わるように」作ることです。

言うまでもないことですが、意外にもこれができていない人も多いのです。

婚活のプロフィールは、出会いを求めている異性に自分のことを知ってもらうためのツールですから、読んでわかりやすく伝わりやすいものでなければ意味がありません。

読まれることを前提に書き、丁寧で正直な文章にまとめられれば最高ですね。

他人のプロフィールを参考にしよう!

「そうは言ってもよくわからない」という人は、まずは他の人のプロフィールをたくさん見てみるといいでしょう。

ほとんどの婚活サイトでは自分と同性の人のプロフィールは見れないようになっていますので、ここは足跡を残す意味もかねて、異性のプロフィールをどんどんチェックしていきましょう。

そうすると、サイトの同じテンプレートの中のプロフィールでも、人によって全く受ける印象が違うことに気づくはず。

なんだか好感を持てる人もいれば、全然心が動かない人もいるでしょう。

また、あまりいい感覚を持てないプロフィールの人もいるかもしれませんね。

そういう印象を頭に置いて、自分のプロフィールを作ってみましょう。

目指すのは、できるだけわかりやすく親しみやすく、相手にいい印象を残せるプロフィール。

けれども、好印象を狙うあまり、嘘や誇張が多くなってしまってはダメです。

婚活は、将来の結婚相手を見つけるためのものですから、自分を偽ってしまうのは絶対にNGです。

プロフィール作りのポイント

婚活のプロフィールは、基本的にいつでも修正がきくものですから、まずはあまり気負わずにやってみましょう。

それほど悩まずにさくさくと書きこめる項目から埋めていって、「これはちょっと難しいな」と感じる項目や自由記入欄は後回しにします。

プロフィールが何も記載されていない状態が、婚活ではもっともアピールできない状態ですので、まずは公開できるところから埋めていくのが基本です。

また、プロフィールが完成するまでの間は、つぶやき欄や一言アピールのところに「プロフィールはまだ作成途中です」などと記載しておくとベストですね。

もしかしたら、興味を持って何度か見にきてくれる人もいるかもしれません。

相手への望みは寄り添うコメントがベスト

プロフィール項目の中で、いわゆる「相手に望むこと」のような記入欄がある婚活サイトも多いと思います。

この欄は、基本的には自分の気持ちに正直に記載してOKです。

あくまでも理想ですし、望んでいることを隠す必要もありません。

ただ、「もちろん、お相手の希望も尊重しながら、話し合っていけたらと思います」というように、自分の要望だけでなく相手の希望にも寄り添うつもりだと記載しておいた方が、異性からの印象は良くなります。

自分と相手の希望を折り合わせていくことは結婚してからも欠かせないですから、そうした姿勢を見せる言葉は婚活に前向きな気持ちが伝わりやすく、好感触につながります。

自己アピールは客観的に率直に

そして、もっとも頭を悩ませることになるのが自己アピール。

自分で思う自分の長所や短所、特技、趣味、価値観や好みのこと。

こういった項目を書き込むのがすごく苦手、という人も多いですね。

これは婚活のプロフィールだけでなく、仕事の履歴書とも近い要素といえるかもしれません。

履歴書でも、自己アピールや趣味特技の欄がありますが、あれを書くのが苦手、嫌い、抵抗がある、という人はたくさんいます。

自分で自分の一面を「これが長所です」と言うなんておこがましい・恥ずかしいと思ったり、短所はいっぱい思いつくけれど長所なんてない、と感じたり、かといって短所ばかり上げたら採用されないのではと不安になったり……。

これらはいずれも、自分が人からどう思われるか不安、という心理によるものです。

この不安は、婚活のプロフィールでも同様に起こります。

むしろ婚活のプロフィールの方が、結婚という人生の一大事に関わってくるため、さらに深刻になってしまう人も多いです。

長所ばかり書いたら、調子に乗ってる奴だと思われないか。

短所ばかりでは誰からも相手にされないのではないか。

少しでもよく思われたい。できれば共通の趣味の異性に出会いたい。

そんな気持ちが複雑に入り混じって、「自己アピールなんていやだ」と思ってしまいやすいのですね。

そんな時はいったん冷静になって、異性の立場に立ってプロフィールを見つめ直してみましょう。

プロフィールを読む異性としては、相手のことがよくわかるプロフィールが一番です。

長所も短所もしっかり客観的に書かれていれば率直な人だなと思えるし、「長所は特になし」などと書かれていたら、自分に自信のないネガティブな人だな、と感じても仕方がないでしょう。

もちろん、短所ばかりずらずらと列挙されていたらとても好感は持てないですし、反対に長所ばかりでも見ていていい気はしないものです。

つまり、婚活のプロフィール作りの最大のポイントは、率直で、客観的であることといえます。

プロフィールの書き方の具体例

では、婚活のプロフィールの書き方を、具体的な例を出してみていきます。

まずは長所の書き方から。

良い例

  1. 長所:根気がある、体が丈夫
  2. 長所:こつこつ継続することが好きです

悪い例

  1. 長所:特に自分では思いつかないですが、強いていえば○○で大会に出ました
  2. 長所:特にないですが、親には真面目で頑張り屋と言われます

これは長所の書き方についての例文ですが、この良い悪いは明確ですね。

良い例は、どちらも客観的で簡潔に、自分が思う自分の長所を伝えています。

悪い例は、1はまず文が無駄に長く、見ている側からすればどうでもいい情報を自慢されている感じになり、いい印象を持たれにくいです。

しかも厳密には「長所」についての言葉ではなくただの過去の特技の自慢になってしまっているので、「昔とった杵柄をいつまでもひけらかす人」というマイナスイメージで終わってしまいます。

また2の例は、これは男性に多いのですがもっとも婚活でやってはいけない例で、婚活の場において自分のことを「親が(特に、母が)○○と言っていた」というのは、実は禁句なのです。

本人は、良かれと思って言っているのでしょうが、これを見た女性の感想は「マザコンか」で終了です。

自分の長所ひとつ自分で答えられず、親が言っていたという何のあてにもならない、身びいき以外の何物でもない意見を婚活で出すなんて結婚相手としてあり得ない、ほとんどの女性はそういうふうに受けとってしまいます。

男性で、無意識のうちにこうした発言をしている人は少なくないので、ちょっと気をつけるようにしてみてください。

次に、短所の書き方について。

良い例

  1. 短所:融通がきかない傾向があると自覚しています
  2. 短所:少しせっかちなところです

悪い例

  1. 短所:打たれ弱いところ、すぐ落ち込むところ、衝動買いしてしまう、人のことばかり気になる、などたくさんあります
  2. 短所:短所はもう、ここに書ききれないくらいいっぱいあります

短所の書き方に関しての例文ですが、これも違いが明確です。

良い例の方は、自分の短所を認めつつ、端的に記載しているのでまっすぐな印象を与えます。

人間ですから、誰でも短所や欠点があるのは当たり前で、それをごまかすことなく述べている点が謙虚なイメージも伴って好感が持てます。

また「気が短い・短気」「せっかち」という短所は、相手がのんびり屋さんの異性の場合、「怖い人」と思われて距離を置かれてしまうケースもあるのですが、それでも隠すよりは言っておいた方がずっといいことです。

悪い例の方は、やはり文章が無意味に長いことと、自虐っぽい雰囲気が読む人の気分を下げてしまいます。

本人は謙遜のつもりでも、読んでいて楽しいものではありません。

短所が多いとどうしてもネガティブな印象になりますし、「衝動買いしてしまう」などは結婚後に浪費しそうな人、という最悪のイメージに直結するためアウトです。

これは、婚活の前に直しておきたい点ですね。

まとめ

このように、何でも正直に言えばいいというものでもありません。

それでも短所が多く思いついてしまうという人は、リフレーミングという心理学の手法を試すといいです。

これは、ある側面の言葉を言い変えて視点を変えるもので、例えば、

打たれ弱い→繊細、人のことが気になる→周りに目配りできる、せっかち→テキパキ行動できる、というふうに、短所から長所を生み出すものです。

こうすれば、長所の項目に記入できるものが増えますし、ポジティブな印象も与えることができます。

自分の中でも、これをやると気分が変わり、いい影響が期待できます。

このように工夫も取り入れながら客観的な視点を意識して、婚活に強いプロフィールを作っていきましょう。

一度作ったらそのままではなく、適宜にブラッシュアップさせていくとさらに効果が望めますよ。

結婚相談所サファでは、全てサポートいたします。

結婚相談所サファブログ[婚活で相手に長所を上手に伝えるには?]の記事で共感頂いたり、さらに婚活を頑張りたいと感じている方を全力でサポートいたします!

他店の結婚相談所では、高額の費用が必要ですが、サファはどんな人でも婚活を安全に、そして幸せを掴んで頂くために業界最安値でご利用頂けます。

更新料・成婚料・お見合い料は一生無料!(大手他社は費用発生)
月額も8,000円(大手他社は13,000円~)

詳しくはお電話LINEオンライン予約から、ご相談予約ください。

無料相談のオンライン予約
幅広いご年齢層の方にご利用
頂いております!

婚活に興味はあるけど一歩踏み出せないあなたへ

まずはお気軽に無料相談ください

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
【緊急時】090-8531-3031
無料相談のオンライン予約