大阪(なんば・天王寺・あべの)の婚活・結婚相談所サファ-safa

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
婚活・結婚相談所 大阪(なんば・天王寺・あべの) 06-6634-2528

COLUMN 大阪(なんば・天王寺・あべの)の結婚相談所 サファ 婚活コラム

婚活でキープされているかどうか確認する方法

女性の恋愛の悩み
結婚相談所サファは移転いたしました。新住所は下記となります。
大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-1あべのベルタ6階 株式会社ジーエル内
グーグル・マップで見る

婚活でキープされているかどうか確認する方法

婚活を開始すると、はじめはシステムや雰囲気に慣れるだけでいっぱいいっぱいになることも多いもの。

けれど、徐々にプロフィールも充実し、やりとりする相手も少しずつできてくると、今度はまた別な気がかりも出てきますよね。

  1. 本当に、結婚まで行ける相手と出会えるかな
  2. いいなと思ってる人がいるけど、うまくいくかな
  3. 他にもあの人とやりとりしてる人がいるっぽい

など、不安や心配もいろいろ感じがちです。

そんな中で、婚活をしている男女の多くが一度は感じたことのある懸念といえば、やはり「自分はキープなのでは」「キープされてるのかも?」というもの。

ここでは、婚活で自分がキープされているかどうかを察知し、どう対処すべきかの方法を掘り下げていきます。

キープってそもそもどんな状態?

そもそも、婚活の場におけるキープとは、どんな状態のことを指すのでしょうか。

婚活以外の場でも、キープしている・キープされている、という言い方は耳にしますね。

男女間で、一方が一方を、本気で好きなわけではないけれど好きなことにして親密な立場を確保しておく、他に本命がいるがその相手とうまくいかなかった時に乗り換える保険のためキープにしておく、などという関係のことを言ったりします。

これを、自分の意中の相手からされてはショックですよね。

恋愛でのキープは、「遊びだった」というのともまた違って非常に打算的で、自分がされたらとてもつらいことです。

このキープが婚活の場で行われるとどうなるかというと、婚活は結婚を強く意識する場なだけに、さらに計算高いものになりやすいです。

さまざまな異性を条件やルックスで天秤にかけ、比較検討しながら絞り込んでいくための一時確保、それが婚活の場でのキープの状態といえます。

どうやって確かめる?

では、自分がキープにされているかどうか、どうやって確認すれば良いでしょうか。

大抵は、婚活の中で「もしかしてキープされてる?」となんとなく思う、なんとなくそんな気がする、というもので、キープされていることの客観的な証拠などはまず見つけられません。

強いていえば、婚活サイトなら相手がログインしているのに自分へメールが来ない、最終ログイン時間がどんどん更新されていっているのにその間ずっと自分に対してはメールやいいねなどのアクションがない、返信が遅い、という場合に、「もしかしたら、他に本命がいるのかな?」と思うくらいでしょうか。

自分が、本当に相手にキープされているかどうか、確実に確かめてみたいと思うのも人情ですが、これはちょっと難易度が高いこと。

相手に正面から「キープなんでしょ?」と尋ねるわけにもいかないですし、そう聞いてしまったらまず相手との関係は気まずくなり、以後ぎくしゃくしてしまうでしょう。

「キープなんでしょ?」と聞かれて、それまでと変わらずにいられる人はそうそういません。

それはキープをしている相手の中にも、人をキープしていることをどこか負い目に感じている気持ちがあるからで、後ろめたい思いになるのです。

それを、こちらから証拠探ししてしまうと、せっかくできた相手との関係に、致命的なひびが入ってしまうこともあります。

また、もし相手が本当はキープをしていなかった場合、疑いを向けることでとりかえしのつかない溝を作ってしまう可能性だってあります。

不安な気持ちになるのは仕方がないですが、婚活の場では自分がキープされているかどうか、よほど相手が悪質でない限りは、真正面からはっきりさせることはおすすめできません。

そうでないやり方で、婚活を自分に有利に進めるために、動いていきましょう。

キープは必ずしも「悪いこと」ではない

それに、婚活の場でのキープは、決して悪いことではないともいえるのです。

なぜなら、婚活の場では、誰しも多かれ少なかれキープに近いことをするし、またそうしなければ結婚に至る相手選びをしにくいからです。

婚活の場には、それが婚活パーティーでも婚活サイトでも実にたくさんの異性がいますが、実際にやりとりをする関係を築くのはそのうちのひと握り。

全員と話なんてなかなかできないですし、価値観やそれぞれの理想、特徴、都合だってあります。

その中で、最大限自分に合った異性を見つけようとすれば、必然的にある程度の人数に絞ってやりとりを重ね、互いをわかり合っていくプロセスが重要になります。

その過程で例えば、「Aさんは趣味が合うけど婿には行けないっぽいし、Bさんは婿に来てもいいって言ってくれるけど趣味が全然合わない」とか、「Cちゃんは見た目がタイプだけど家事が苦手で、Dちゃんは家事は文句なしだけどちょっと外見が……」など、最終的に一人のパートナーを見つけるべき婚活で、究極の選択ともいえる状況に立たされるケースが多く、おいそれと答えを出せない場合があるのです。

こうした状況下では、悪気はなくてもいったん両方のあるいは複数の異性を候補に置いて、やりとりを並行して続けながら結論を出していくしかないでしょう。

このように、ある面から見ると、婚活でのキープは決して悪ではないのです。

とはいえ、キープされたら

けれどもやはり、自分がキープされているかもと思えば、それはあまりいい気持ちがしないことではありますよね。

他の人と比べられているのも不愉快ですし、婚活ではみんな早く結婚したいわけですから、キープの状態に甘んじている余裕なんてないのがキープされる側の当然の思いです。

それに、キープされたと感じれば、その相手へ抱く印象も多少なりと変わってしまうこともあるでしょう。

「いい人だと思ってたのに、私を他の女性と比べるような男だったんだ」と思えば、その相手に失望や落胆を感じてしまうものです。

それに、一度自分がキープされてるかもと気づくと、どんどん疑心暗鬼になってきて、他の異性からもキープされているのでは、と考えがちになります。

そうなると、相手からの親切や気遣いも何もかも不審に見えてきて、婚活がうまくいかなくなってしまうことだってあります。

「この人、何人キープにしてるんだろう」「もしかしたら結婚しても浮気するタイプかもしれない」など、不安が不安を呼んで相手を信用できなくなってしまうことも。

これでは、せっかくの婚活なのに、幸せな結婚というゴールからみるみる遠のいてしまいます。

一番いいのは、キープされた気がしたらそれを冷静に認識しつつ、気にしないことです。

自分の心を乱すことなく、冷静に、相手のその後の応対をチェックしていきましょう。

そうすることで、相手の本質や性格を見破ることができます。これは、結婚を考える上で非常に大事な材料になります。

「この人は、こっちをキープにしておいてそして、これからどう行動していく気なんだろう?」というところを、注意深く観察していきましょう。

一定期間のあとに、さりげなく自然消滅のように相手が去っていったら、それは他に本命がいたか新しい異性に心変わりしたということ。

それにショックを受ける必要はありません。
そういう相手と結婚することの方が非現実的なのですから、そうなった場合は相手のことを忘れて、新たな婚活に向けて踏み出すべき。

また、一定の期間が経っても相手の対応に変化が見られない場合は、自分でばしっと結論を出せない優柔不断な相手の可能性が高いです。

キープした異性を絞りかねて、なあなあのままで婚活を続け、「そのうちに運命の人が現れるかも」なんてのんきに考えている相手かもしれません。

これも、とても結婚相手に向く地に足のついた異性とはいえませんから、このケースだった場合は見切りをつけて、こちらからきっぱりと断ることも大切です。

どうしても婚活では、男女ともに一度やりとりした異性に執着しやすい傾向があるのですが、婚活は幸せな結婚のためにするものです。

だらだらといつまでも相手選びを長引かせたり、婚活の中の人間関係で悩んだりし続けるのは本末転倒。

原点へ立ち帰って、「この人は結婚相手としてどうなのか」という視点で、冷静に相手のことを見る目が必要です。

婚活を有利にする、キープ対策

婚活を有利に進めるための、具体的なキープ対策を講じます。

婚活は、一番に自分のためにするものです。

結婚は一人ではできませんから、相手のことを思うのももちろん大切なことですが、まずはなんといっても「自分が幸せになるために」というところを大事にしましょう。

まずはとにかく、キープされても慌てないこと。

そして、キープされたということを悲観しないことです。

「所詮、自分はキープ扱いなんだ」「本命にはなれないんだ」などと悪い方に考えてはいけません。

キープされたということは、ある部分ではチャンスなのです。

嫌いな異性をキープする人はいません。キープは「どうしようかな」「どうしたらいいかな」と迷うくらいには、その相手に好感を持っていて、でも揺れている、という状態です。

だからこそ、この「キープされた」という状況で相手に何か、自分を大きく印象づけることができれば、一気に本命になることも可能です。

自分と相手の性格によっては、キープされたということに気づいているよ、と匂わせるのもアリ。

これは匂わせ方が難しいのですが、相手に与える印象はとても強い出来事になるので、切り札のような選択肢のひとつといえます。

駆け引きが得意なタイプの人なら、これで一気に相手との形勢を逆転させることもできるでしょう。

そして、冷静でいるように努めましょう。

婚活の場で浮かれていては、結婚につながる出会いを見つけるのが難しくなります。

相手からキープされたらこちらも相手をキープしていよう、くらいの気持ちで、冷静に臨みたいものです。

婚活の場では、ある程度の正当なキープはむしろベターな選択ですから、こちらも落ち着いて周囲を見て、異性をフェアに見るためのキープを積極的にしていくのも一法です。

自分がキープにされているかも?というくらいのことで、動揺してはいけません。

自分の幸せに主体性を持って、堂々と婚活に臨むこと。それが、一番のキープ対策でもあるのです。

結婚相談所サファでは、全てサポートいたします。

結婚相談所サファブログ[婚活でキープされているかどうか確認する方法]の記事で共感頂いたり、さらに婚活を頑張りたいと感じている方を全力でサポートいたします!

他店の結婚相談所では、高額の費用が必要ですが、サファはどんな人でも婚活を安全に、そして幸せを掴んで頂くために業界最安値でご利用頂けます。

更新料・成婚料・お見合い料は一生無料!(大手他社は費用発生)
月額も8,000円(大手他社は13,000円~)

詳しくはお電話LINEオンライン予約から、ご相談予約ください。

無料相談のオンライン予約
幅広いご年齢層の方にご利用
頂いております!

婚活に興味はあるけど一歩踏み出せないあなたへ

まずはお気軽に無料相談ください

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
【緊急時】090-8531-3031
無料相談のオンライン予約