大阪(なんば・天王寺・あべの)の婚活・結婚相談所サファ-safa

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
婚活・結婚相談所 大阪(なんば・天王寺・あべの) 06-6634-2528

COLUMN 大阪(なんば・天王寺・あべの)の結婚相談所 サファ 婚活コラム

婚活での上手な男性の断り方教えます

女性の恋愛の悩み
結婚相談所サファは移転いたしました。新住所は下記となります。
大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-1あべのベルタ6階 株式会社ジーエル内
グーグル・マップで見る

婚活での上手な男性の断り方教えます

婚活を始めて少し経つと、男性からアプローチを受けたり、紹介された男性と仲良くなることも増えてきますね。

そして距離が近づき、デートしてそのまま結婚!というカップルもいますが、もちろんそう順調にいかないことだってあります。

「ちょっとこの人は違うかな……」「この人とお付き合いは難しいかも」と感じることは、婚活をする上でよくある出来事です。

その時、女性が悩むのは、「どうやってお断りしたらいいの?」という問題。

「あなたとはお付き合いできません」という結論を、どうやって伝えればいいのか?

断るのは、断られる方も切ないですが、断る側もざわざわした気持ちになりますね。

でも、伝えるべきことはきちんと伝えなければなりません。

今回は、婚活での上手な断り方を、例文をまじえてお話します。

お断りするタイミング別で見る、上手な断り方

ずばり、断り方はそのタイミングによって変わります。

その男性とのコンタクトが進むほど、断り方が繊細になっていきます。

はじめの段階であるほど、簡潔に断ることができます。

会う前の段階での断り方

一番簡単なのは、ネット婚活などで最初のメールをやりとりするくらいの段階。

例えば、男性からメールをもらいやりとりを始めたが、なんだか会話が弾まない、会ってみたいと思えない、という時です。

このくらいの段階なら、相手もまだそこまであなたと親しくなっていないので、「ごめんなさい、他の人を捜します」とシンプルに伝えれば充分。

相手も、「そうですか、わかりました」と簡素に返すか、そのままやりとりが終わるはずです。

カップリング成立後の断り方

次が、婚活パーティーなどで知り合い、マッチングやカップリングが成立したあとの断り方。

この場合はもう、相手と面接した上でカップリングが成立したわけですから、かなり相手も気持ちが乗ってきています。

そして、「今度二人で食事でも」と誘いを受けたりして、デートの約束をすることになる。

ネット婚活なら、カップリング後に初めて会う約束をする辺りの段階です。

しかしこの段階で、気持ちが揺れることも多いですよね。

「いい人だと思って約束しちゃったけど、二人で会うのはやっぱりちょっと……」と、デート前に断りたくなる場合もあります。

この場合は、正直に、早い段階でお断りした方がいいです。

もやもやしたまま、相手に悪いからとデートに行ってもその方が相手に失礼ですし、その男性がデートの席で、2回目のデートに誘おうと考えているかもしれないですから。

なら、お断りするのは早い方が、相手の負担も少なくなるのです。

断った後に尾を引かない断り方をしよう

ここでのポイントは、ごまかさずに、正直に伝えること。

「ごめんなさい。約束したのに申し訳ないのですが、二人で会いたいと思えなくなってしまいました」

など、はっきりお伝えするようにしましょう。

どうしても、きっぱり断るのは気が引けて、嘘の理由を言ったり用事ができて、などと言う女性もいますが、そうすると男性はまた誘いますし、こじれてしまう恐れもあるのです。

それに、その言葉が嘘だったと知った時、その方がよっぽど傷つきます。

「振られた上、嘘をつかれた」となったら、その男性は婚活する気持ちが折れてしまうかもしれません。

正直にお断りするのは、相手のためでもあるのです。

数回のデートを重ねた後の断り方

そして、もっとも難しいのが、デート後や複数回会ったあとの断り方。

このくらいになると、相手もだいぶ真剣に考えていますから、次はいよいよ結婚を前提とした交際を……と告白しようと思っていたりします。

特に、実際にデートすると、男性側がお支払いをしてくれているケースもありますし、ネット婚活ならメールなどのポイント費用もかかっていますから、この段階までに消費した時間とお金もけっこうなものになっています。

それがわかっているだけに、女性側も断るとなると複雑な気持ちがします。

断りにくいあまり、なあなあでやりとりを続けてしまったり、他に意中の男性ができても同時進行をして、断りたい男性とカップリングを解消できない人もいます。

けれど、そんな状態が良いはずはありません。

「ごめんなさい。よく考えたのですが、○○さんとお付き合いや結婚を考えることが難しくなりました。今までありがとうございました」

というように正直に、そして会った時間と話した時間への感謝は伝えたいですね。

その人と会って話したからこそ、違うということもわかったのです。

その結果は無駄なものではなく、相手と自分どちらにとっても有益なものだったのだと、前を向けるような断り方ができれば一番です。

まとめ

婚活で会って、縁がなかった人というのは不思議な存在です。

もしかしたら結婚相手という、人生最大のパートナーになったかもしれない。

でも、縁がなかったら、その先もう二度と会うことがない人です。

だからこそ、告白は会って言うべきですが、婚活のお断りはメールが良いです。

もう会うことはないのだという、けじめになります。

きちんとした断り方で、自分も相手も、その先にある本当の良縁へ近づいていけると良いですね。

結婚相談所サファでは、全てサポートいたします。

結婚相談所サファブログ[婚活での上手な男性の断り方教えます]の記事で共感頂いたり、さらに婚活を頑張りたいと感じている方を全力でサポートいたします!

他店の結婚相談所では、高額の費用が必要ですが、サファはどんな人でも婚活を安全に、そして幸せを掴んで頂くために業界最安値でご利用頂けます。

更新料・成婚料・お見合い料は一生無料!(大手他社は費用発生)
月額も8,000円(大手他社は13,000円~)

詳しくはお電話LINEオンライン予約から、ご相談予約ください。

無料相談のオンライン予約
幅広いご年齢層の方にご利用
頂いております!

婚活に興味はあるけど一歩踏み出せないあなたへ

まずはお気軽に無料相談ください

06-6634-2528 平日・(祝前日)・土(11:00~20:00)
日・祝(10:00~18:00)
【緊急時】090-8531-3031
無料相談のオンライン予約